塚田氏発言を批判の野党、道路の早期整備は要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は5日、下関北九州道路整備を促す国民民主党の城井崇衆院議員(比例九州ブロック)の質問主意書に対する答弁書を閣議決定した。

 城井氏は質問主意書で「国としても必要な取り組みを加速すべきだ」と求めた。政府は答弁書で「ルートや構造、整備手法などについて検討を進めたい」とした。

 国民民主などの野党は下関北九州道路をめぐる塚田一郎・前国土交通副大臣の発言を批判していた。質問主意書は、塚田氏の発言が出る前の3月27日に提出された。

無断転載禁止
523767 0 政治 2019/04/05 20:21:00 2019/04/05 20:21:00 2019/04/05 20:21:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ