大家参院議員も「忖度」発言か…下関北九州道路

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の大家敏志参院議員(福岡選挙区)が昨年12月9日、北九州市での集会で、下関北九州道路計画について「安倍首相と麻生副総理の地元なので、2人がやるとぐちゃぐちゃ言われるから吉田博美参院幹事長を引っ張り出した」と発言していたことが分かった。

 大家氏は12月20日、吉田氏と共に塚田一郎・国土交通副大臣(当時)に会い、計画について陳情した。塚田氏は首相や麻生氏の意向を「忖度そんたくした」とする発言が問題となった。大家氏の発言も両氏を忖度したものだと受け取られる可能性がある。

 塚田、大家両氏はいずれも麻生派に所属している。

無断転載禁止
530768 0 政治 2019/04/10 19:59:00 2019/04/10 21:21:56 2019/04/10 21:21:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ