桜田五輪相を更迭…後任に鈴木・前五輪相

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

辞表を提出後、記者団の取材に答える桜田氏(10日午後8時51分、首相官邸で)=泉祥平撮影
辞表を提出後、記者団の取材に答える桜田氏(10日午後8時51分、首相官邸で)=泉祥平撮影

 桜田義孝五輪相(69)(衆院千葉8区、当選7回)は10日夜、東日本大震災からの復興を軽視したと受け取れる発言をした責任を取って安倍首相に辞表を提出し、受理された。事実上の更迭となる。首相は後任に、鈴木俊一・前五輪相(65)(衆院岩手2区、当選9回)を起用する。

 首相は、首相官邸で辞表を受理した後、記者団に「被災地の皆様に首相として(桜田氏の)発言について深くおわび申し上げたい。任命責任は首相たる私にある。今後も東北の復興に全力を傾ける」と述べた。

 桜田氏は10日夜、東京都内での高橋比奈子自民党衆院議員(比例東北)のパーティーであいさつし、岩手県が地盤の高橋氏への支援を求め、「復興以上に大事なのは高橋さんだ」と述べた。

 桜田氏は辞表提出後、記者団に「被災者の皆さんの気持ちを傷つける発言をしてしまい申し訳ない」と語った。桜田氏は問題発言の後、菅官房長官に電話で経緯を報告した。首相と菅氏は、発言が被災者を傷つけるものだとして問題視し、辞任させることにした。

 桜田氏は過去にも失言を重ねてきた。今年2月には競泳女子の池江璃花子選手が白血病を公表したことに「本当にがっかりしている」と述べ、批判を浴びた。しかし、10日夜のパーティーでも「がっかりという言葉が禁句なんですよ。いろいろ言われちゃってね。もう、こりごりしてるんですけどね」と語った。

 首相は事態を早期収拾するには、岩手県選出の鈴木氏の再起用が最適だと判断した。11日にも皇居での認証式を経て就任する。

 閣僚の辞任は第2次安倍内閣発足以降、内閣改造を除くと8人目となった。5日には、塚田一郎国土交通副大臣が、下関北九州道路計画で安倍首相や麻生副総理兼財務相を「忖度そんたくした」などと述べた発言で引責辞任している。

530819 0 政治 2019/04/10 22:06:00 2019/04/11 01:29:59 2019/04/11 01:29:59 自身の発言を巡り、辞意を表明した桜田五輪相(10日午後8時51分、首相官邸で)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190410-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ