中国の観艦式に海自護衛艦を派遣へ…7年半ぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は11日、中国が山東省青島で今月23日に開く国際観艦式に、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」を派遣すると発表した。海自艦艇の中国への派遣は2011年12月以来、約7年半ぶりとなる。

 日中両政府は昨年10月の首脳会談で、海自と中国海軍の艦艇の相互訪問に向けた検討を始めることで一致し、防衛当局間で艦艇訪問を調整していた。観艦式にあわせ、山村浩海上幕僚長も今月22~25日に中国を訪問する。海幕長の訪中は14年4月以来、約5年ぶり。防衛省は「対話や交流を促進し、相互理解と信頼醸成を進める」としている。

 観艦式は中国海軍創設70周年に合わせた行事。米国は、中国海軍の力を誇示する場となることから、艦艇派遣を見送る方向で調整している。中国は14年4月に観艦式を計画した際には海自艦を招待せず、その後、観艦式自体を取りやめた。

無断転載禁止
532683 0 政治 2019/04/11 21:23:00 2019/04/11 21:23:00 2019/04/11 21:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ