二階氏、「一帯一路」国際会議に出席…24日から訪中

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の二階幹事長は今月24~29日、安倍首相の特使として中国を訪問する。26日に北京で開かれる中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議に出席する。6月の習近平シージンピン国家主席の来日に向け、準備を進める狙いがある。

 二階氏の訪中は昨年8~9月に北京を訪問して以来。習氏に首相の親書を手渡すため、会談する方向で調整している。経団連の中西宏明会長、全国農業協同組合連合会(JA全農)の長沢豊会長らが同行する。

 政府は、習氏の国家主席としての初来日を6月28~29日に大阪市で開かれる主要20か国・地域(G20)首脳会議に合わせて実現させ、今秋以降に習氏の国賓としての再来日につなげる道筋を描いている。二階氏は政府間の外交を側面支援し、関係改善の流れを確かなものにしたい考えだ。

 これに関連し、二階氏は18日、東京都内の中華料理店で開いた派閥会合に、近く離任する程永華チョンヨンフア駐日中国大使を招き、労をねぎらった。二階氏は会合で「日中友好は大事なことだ。これからも取り組んでいかなければならない」と強調した。

無断転載禁止
543038 0 政治 2019/04/18 19:56:00 2019/04/18 19:56:00 2019/04/18 19:56:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ