竹島とレーダー問題、日韓関係「非常に厳しい」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野外相は23日の閣議で、2019年版外交青書を報告した。青書は日韓関係について、韓国国会議員の竹島上陸や韓国海軍艦艇から自衛隊機に対する火器管制レーダー照射問題などを列挙し、「非常に厳しい状況に直面した」と指摘した。

 日韓間の懸案である「慰安婦問題」のほか、韓国人元徴用工問題は「旧朝鮮半島出身労働者問題」とのタイトルで、それぞれ初めて特集コーナーを設けた。日本の立場が一読して分かる内容で、徴用工問題について「あらゆる選択肢を視野に入れ、日本政府として一貫した立場に基づき対応していく」と言及した。

 北朝鮮については、昨年の青書では核・ミサイル問題解決のため「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」としていたが、今年は削除された。拉致問題の解決に向け、北朝鮮の軟化を促す狙いとみられる。

 ロシアとの関係では、「北方4島は日本に帰属する」との日本の法的立場に関する表現が消えた。領土交渉の進展を図る思惑とみられる。河野外相は23日の記者会見で、「状況を総合的に勘案して文言を入れている」と説明した。

 日韓関係を巡り、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は23日、韓国外交省の金容吉キムヨンギル東北アジア局長と外務省で協議した。日本側は徴用工問題について、日韓請求権協定に基づく2国間協議の要請に回答するよう求めた。韓国側は「回答するかどうかも含めて検討中」と応じた。日本側は韓国による福島など8県産の水産物の輸入禁止措置の撤廃も改めて要求したが、金氏は「関係部局に伝える」と述べるにとどめた。

550872 0 政治 2019/04/23 19:36:00 2019/04/24 08:08:47 2019/04/24 08:08:47

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ