「日韓で摩擦起こらぬよう会談を」防衛相が意欲

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩屋防衛相は10日の記者会見で、日本と韓国の両政府が6月初めの開催で調整している防衛相会談について、「日韓間で様々な摩擦が起こらないように、会談しなければ意味がない」と述べ、開催に意欲を示した。

 日韓防衛相会談は、シンガポールでのアジア安全保障会議に合わせて行う予定だ。昨年12月の韓国海軍による火器管制レーダー照射問題などを受けて、日韓の防衛当局の関係も悪化しており、防衛相会談は行われていない。岩屋氏は、会談でレーダー照射問題も提起する可能性を示唆し、「建設的な話し合いができるような環境を整備していきたい」と述べた。

576685 0 政治 2019/05/10 18:31:00 2019/05/10 18:31:00 2019/05/10 18:31:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ