拉致問題「日米の立場は完全に一致」…共同記者会見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

共同記者会見をする安倍首相(右)とトランプ米大統領(27日午後、東京・元赤坂の迎賓館で)=代表撮影
共同記者会見をする安倍首相(右)とトランプ米大統領(27日午後、東京・元赤坂の迎賓館で)=代表撮影

 安倍首相は27日、米国のトランプ大統領と東京都内で首脳会談を行った。首相は終了後の共同記者会見で、北朝鮮による日本人拉致問題に関して、「大統領から『全面的に支持し、あらゆる支援を惜しまない』との力強い支持を得た」と述べ、「日米の立場は完全に一致している」と強調した。

 ただ、日朝首脳会談の実現の見通しについては「現時点においてはメドが立っているわけではない」と語った。

 首相は、米国と対立を深めているイランに自らが訪問する計画について、「間違っても武力衝突に至ることがないよう、努力していきたい」と述べ、緊張緩和に向けて尽力する考えを強調した。

 日米の新しい貿易協定交渉に関しては「日米でウィンウィン(相互利益)となる形の早期成果達成に向け、議論をさらに加速させることで一致した」と述べた。

無断転載禁止
605621 0 政治 2019/05/27 16:30:00 2019/05/27 16:30:00 2019/05/27 16:30:00 日米共同記者会見をするトランプ米大統領と安倍首相(27日午後3時5分、東京・元赤坂の迎賓館)=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190527-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ