令和初の宮中晩餐会、陛下は日米の「絆」を強調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

晩餐会で乾杯される天皇、皇后両陛下とトランプ米大統領夫妻(27日、皇居・宮殿で)=代表撮影
晩餐会で乾杯される天皇、皇后両陛下とトランプ米大統領夫妻(27日、皇居・宮殿で)=代表撮影

 国賓のトランプ米大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩餐きゅうちゅうばんさん会が27日夜、皇居・宮殿で開かれた。陛下は即位後初となる宮中晩餐会のお言葉で、現在の「強い友情の絆」を強調し、未来志向の両国関係の進展を希望された。

 晩餐会には、秋篠宮ご夫妻ら皇族方、安倍首相ら三権の長など日米の関係者165人が出席。陛下はお言葉で、日米両国と国民が「様々な困難を乗り越え、相互理解と信頼を育み、極めて親しい隣国として、強い友情の絆で結ばれている」とし、芸術やスポーツ、最先端技術など幅広い分野で交流が深まっていることを喜ばれた。

 過去の米国大統領を迎えた宮中晩餐会では度々、先の大戦を巡る発言があった。昭和天皇は1974年、フォード氏との晩餐会で「両国の間にも、一時はまことに不幸な時代をもちましたことは遺憾なこと」と述べた。戦時中に疎開を経験した上皇さまも2014年のオバマ氏との晩餐会で「両国民は、先の戦争による痛ましい断絶を乗り越え、緊密な協力関係を築いた」と言及された。

 一方、戦後生まれの陛下は今回、上皇さまが天皇在位中に戦没者の慰霊を続けられたことに触れた上で、「今日の日米関係が多くの人々の犠牲と献身的な努力の上に築かれていることを胸に刻みつつ、希望にあふれる将来に向けて」進んでいくことを願われた。

 トランプ氏は、歓迎に感謝の意を表し、令和の始まりを祝福した上で「大切に育まれてきた絆を我々の子孫のために守っていく」と応じた。

 皇后さまは食後にお茶を飲みながら歓談する「後席こうせき」にも2003年10月以来、16年ぶりに出席するなど最後まで夫妻をもてなされた。

 同日午前には、両陛下は宮殿の竹の間でトランプ夫妻と会見された。陛下にとって即位後初の外国元首との会見。約200年ぶりとなった天皇の退位などが話題に上り、皇后さまはメラニア夫人と子どもの教育やスポーツについて英語で懇談されたという。

 名古屋大の河西秀哉准教授(日本近現代史)の話「お言葉には、戦後世代の天皇としての未来志向の考えが強く表れていた。上皇さまの慰霊にも触れたことは、戦争を直視された上皇さまの姿勢を継承していることを明確にしたのだろう」

無断転載禁止
605828 0 政治 2019/05/27 20:40:00 2019/05/28 00:09:29 2019/05/28 00:09:29 宮中晩さん会で乾杯される天皇、皇后両陛下とトランプ米大統領夫妻=皇居・宮殿「豊明殿」で2019年5月27日午後7時51分、小川昌宏撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190527-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ