携帯操作しながら運転、罰則強化…改正道交法成立

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 車の運転中に携帯電話を操作する「ながら運転」の罰則を強化した改正道路交通法が28日、衆院本会議で可決、成立した。ながら運転の規定は今年12月までに施行される。

 改正法では、携帯電話を操作しながら運転し、事故を起こすなど交通危険を生じさせた場合、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科される。危険がなくても「携帯電話使用(保持)」違反になり、6月以下の懲役刑を設けた。

 警察庁によると、スマホ通話や携帯操作などが原因の交通事故は昨年、2790件起き、このうち42件は死亡事故だった。

 また、2020年をめどに高速道路などで実用化される自動運転車「レベル3」に関する規定も新設。「直ちに確実に操作できる状態」を条件に、自動運転中はスマホや読書などを認める。運転席を離れることや飲酒運転は引き続き、禁止される。

無断転載禁止
607262 0 政治 2019/05/28 19:20:00 2019/05/28 19:20:00 2019/05/28 19:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ