下村氏「改憲で大連立」、公明・山口代表が批判

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公明党の山口代表は12日のインターネット番組で、自民党の下村博文憲法改正推進本部長が改憲に向けた野党との「大連立」に言及したことについて、「連立(を組むこと)は非常に重い責任を伴う。大連立と軽々しく言うのはいかがなものか」と批判した。

 山口氏は「大連立というのは下村氏の個人的な意見だろう。自民党の幹部からは一つも聞いたことはない」とも述べた。

無断転載禁止
634067 0 政治 2019/06/12 20:49:00 2019/06/12 20:49:00 2019/06/12 20:49:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ