菅官房長官「原発異常なし、大きな被害情報ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山形県沖を震源とする地震を受けて、臨時の記者会見をする菅官房長官(18日午後11時11分、首相官邸で)=稲垣政則撮影
山形県沖を震源とする地震を受けて、臨時の記者会見をする菅官房長官(18日午後11時11分、首相官邸で)=稲垣政則撮影

 政府は18日夜、新潟県で震度6強を観測した地震を受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。安倍首相は、〈1〉早急に被害状況を把握する〈2〉地方自治体とも連携して被災者の救命・救助などの災害応急対策に全力で取り組む〈3〉国民に津波や避難に関する情報提供を適時的確に行う――ことを指示した。

 首相は19日未明、首相官邸で記者団に「さらなる被害などに最大限の警戒を行うとともに、国民に対する的確な情報提供に万全を期す」と語った。

 菅官房長官も未明の記者会見で、「原子力発電所は異常なしとの報告を受けている。現在のところ、(集落の孤立などの)大きな被害の情報はない」と述べた。

無断転載禁止
645242 0 政治 2019/06/18 23:32:00 2019/06/19 00:57:30 2019/06/19 00:57:30 山形県沖を震源とする地震を受けて、臨時記者会見をする菅官房長官(18日午後11時11分、首相官邸で)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190618-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ