トランプ氏、日米安保条約「変えなければ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トランプ米大統領は29日、大阪市内で行った記者会見で日米安全保障条約について、「米国の離脱は全く考えていないが、不公平な合意だ」と不満を示した。そのうえで、「誰かが日本を攻撃すれば、我々は反撃し、全軍全力で戦う。しかし、誰かが米国を攻撃しても、彼らはそれをする必要がない。これは変えなければいけないと安倍首相に言った」と明かし、条約を見直す必要があるとの認識を示した。

 さらに、トランプ氏は「日本も我々を助けるべきだ。安倍首相はそれを分かっているし、そのことに異存もないはずだ」とも主張した。

 日米安保条約に関し、米側に負担が偏っているとの考えは、トランプ氏の持論だ。トランプ氏は26日の米FOXテレビの電話インタビューでも「我々が攻撃されても、日本は全く助けず、ソニーのテレビをみるだけだ」と述べていた。今回、条約見直しにまで踏み込んだことで再び論議を呼ぶ可能性がある。

無断転載禁止
663505 0 政治 2019/06/29 16:26:00 2019/06/29 19:51:33 2019/06/29 19:51:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ