日韓局長協議、隔たり埋まらず…「ボールは韓国側に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は29日、ソウルの韓国外交省で金丁漢キムジョンハンアジア太平洋局長と韓国人元徴用工問題を中心に約3時間協議した。協議継続で一致したものの、日韓が抱える問題について、両国の立場の隔たりは埋まらなかった。

 協議後、金杉氏は記者団に対し、徴用工問題について、「ボールは韓国側にある」と述べ、韓国側の責任で国際法違反の状態を是正するよう求めたことを明らかにした。

 協議では、韓国が破棄を通告した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても意見が交わされ、日本側は賢明な対応を求めた。また、韓国側がGSOMIA破棄の決定理由に挙げている日本の対韓輸出管理の厳格化については、日本側が「全く次元の異なる問題だ」との立場を説明した。

 GSOMIAを巡っては、米国は韓国政府に破棄決定の撤回を求めており、今後の日韓協議にも影響しそうだ。

 金杉氏は李度勲イドフン朝鮮半島平和交渉本部長とも会談し、北朝鮮で29日に最高人民会議(国会)が行われたことを踏まえ、米朝実務者協議の見通しについて意見交換したという。

 菅官房長官は29日の記者会見で、現在の日韓関係について、「韓国側から否定的で非合理的な動きが相次いでおり、極めて厳しい状況が続いている」と述べた。

無断転載禁止
769777 0 政治 2019/08/29 21:35:00 2019/08/29 23:03:24 2019/08/29 23:03:24

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ