首相、台風被害の住宅支援「屋根など一部損壊も対象」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

衆院本会議で答弁に臨む安倍首相(7日午後、国会で)=米山要撮影
衆院本会議で答弁に臨む安倍首相(7日午後、国会で)=米山要撮影

 安倍首相の所信表明演説に対する代表質問が7日、衆院本会議で始まった。首相は台風15号による千葉県などの住宅被害を踏まえ、「災害救助法の制度を拡充し、一部損壊住宅のうち、屋根などに日常生活に支障を来す程度の被害が生じた住宅は支援対象とする」と述べた。

 現行の災害救助法と被災者生活再建支援法の支援対象は、半壊以上に限られている。今後は、屋根の損傷による雨漏りなどの一部損壊でも、損害割合が10%以上の場合には、災害救助法の応急修理費として30万円を上限に支援できるようにする。月内に同法に基づく告示を改正する。自民党の林幹雄幹事長代理の質問に答えた。

 立憲民主党の枝野代表も質問に立ち、関西電力役員の金品受領問題を政府主導で調査するよう求めた。この日の衆院本会議は、大島衆院議長が今国会で国民投票法改正案の結論を出すよう呼びかけたことに野党が「越権だ」と反発し、開会が約1時間半遅れた。

無断転載禁止
834026 0 政治 2019/10/07 21:02:00 2019/10/08 05:04:20 2019/10/08 05:04:20 衆院本会議で答弁に臨む安倍首相(7日午後5時2分、国会で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191007-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ