台風19号被害を「激甚災害」指定へ…首相方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

【随時更新】「過去最強クラスの台風19号」はこちら

 安倍首相は14日夕に首相官邸で開いた非常災害対策本部会議で、台風19号による被害を激甚災害に指定する方針を示した。指定されると、地方自治体による復旧事業に対して、国の補助率がかさ上げされる。首相は避難所生活を送る被災者支援のため、予備自衛官などを最大約1000人招集することも明らかにした。

 武田防災相は会合後の記者会見で、「並々ならぬ被害であることは間違いない。激甚災害指定を行う方向性で作業に取りかかることは、当然のことだ」と述べた。予備自衛官らは被災者の入浴支援や給水活動に従事させる予定だ。

 また、政府はこれに先立ち、被災者の生活支援を強化するため、各省庁横断の支援チームの設置を決めた。杉田和博官房副長官をトップに、各省庁の局長級で構成する。電力や水道の早期復旧、被災者の要望把握や水、食料などの支給、避難所生活の環境改善、被災地自治体への職員派遣といった活動を幅広く支援する予定だ。

無断転載禁止
845062 0 政治 2019/10/14 22:13:00 2019/10/14 22:13:00 2019/10/14 22:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ