台風19号を「特定非常災害」指定、首相が方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は17日、記録的大雨で各地に甚大な被害をもたらした台風19号について、被災者に行政上の特例措置が適用される「特定非常災害」に指定する方針を明らかにした。被災状況を確認するために訪れた宮城県丸森町で記者団に語った。

 特定非常災害に指定すると、被災者の運転免許の有効期限の延長などが可能となる。これまでに阪神大震災や東日本大震災、西日本豪雨などに適用された。

 首相は福島県も視察し、本宮市などの避難所で被災者に「お元気で、体に気をつけて」と声をかけ、激励。記者団に「災害のすさまじい爪痕を目の当たりにした。一日も早く安心して暮らせる生活を取り戻せるように全力を尽くす」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
850632 0 政治 2019/10/17 22:34:00 2019/10/17 22:34:00 2019/10/17 22:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ