年金手帳廃止へ、厚労省が検討…基礎番号通知書で代替

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、公的年金の加入者に交付される年金手帳=写真=を廃止する方向で検討に入った。より簡素な基礎年金番号通知書(仮称)で代替する。約60年にわたり年金制度のシンボルとされてきた年金手帳は、法改正などを経て、役目を終えることになりそうだ。

 手帳は、保険料納付を証明するとともに、記録管理のために一人ひとりに割り当てられた基礎年金番号を加入者に知らせる目的で、1960年に導入された。かつては、行政手続きの際に提出を求められるケースも少なくなかった。

 最近は、納付記録が電子システム化され、手帳に書き込む必要性がなくなったほか、行政手続きでも提出が不要になっていた。手帳形式をやめて基礎年金番号の通知に特化することで、2016年度に約2億7000万円かかった発行費用を削減する狙いもある。

 厚労省は30日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会でこうした方針を説明する。廃止には国民年金法改正が必要だ。交付済みの手帳は当面、引き続き利用可能とする。手帳は本人のほか、勤務先が保管している場合もある。

 厚労省は、新たな通知書について、色つきの上質の紙にするなど、大切に保管してもらえるよう工夫を凝らしたい考えだ。

無断転載禁止
869871 0 政治 2019/10/29 05:00:00 2019/10/29 17:32:50 2019/10/29 17:32:50 年金手帳。会社員が加入する厚生年金は、支給開始年齢が従来の60歳から、段階的に65歳まで引き上げられることが決まっている。また、全ての職業の人が加入する基礎年金(国民年金)は、制度が創設された1986年度から65歳支給とされている。2014年7月16日撮影。2015年6月11日読売KODOMO新聞「[ここに注目!]年金情報 外に漏れる 125万件 ネット攻撃受け」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191029-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ