観光ツアー予定一部に「桜を見る会」…首相事務所、地元有権者らに文書

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相主催の「桜を見る会」を日程に組み込んだ観光ツアーの参加を受け付ける文書が、首相の事務所名で、地元の有権者らに送られていたことがわかった。

 読売新聞が入手した今春開催のツアー文書は「『桜を見る会』について(ご連絡)」との表題。1泊2日の日程で、4月12日は観光地巡りと「あべ晋三後援会 夕食会」、翌13日は「桜を見る会」への参加を提案している。このうち、観光地巡りは三つのコースがあり、それぞれの旅費など必要経費を紹介していた。

 文書の日付は「平成31年2月吉日」で、「あべ晋三事務所」として山口県下関市にある地元事務所の電話番号も記載されている。

 今年の桜を見る会に参加したという地元の地方議員によると、安倍事務所から参加の可否について問い合わせを受け、その後、文書が届いた。数年前に参加したという支援者は「ツアー出席者は実費を負担しており、問題ないと思う」と語る。別の支援者は自身が桜を見る会に参加できた理由について「わからない」と話した。

 首相の地元事務所は13日、読売新聞の取材に「担当者が不在で詳しいことはわからない」と語った。

無断転載・複製を禁じます
897439 0 政治 2019/11/13 20:58:00 2019/11/13 20:58:00 2019/11/13 20:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ