中国、拘束の北大教授を早期解放…日中関係考慮か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は15日の記者会見で、中国・北京で9月に拘束された北海道大学の40歳代の日本人男性教授が解放され、帰国したと明らかにした。中国当局が反スパイ法違反容疑などで拘束した外国人を早期に解放するのは異例で、来春の習近平シージンピン国家主席の国賓来日に向け、日中関係への影響を考慮した可能性がある。

 日本政府関係者によると、男性は岩谷のぶ教授。15日午後に自宅に戻っており、健康上の問題もないという。

 岩谷氏は中国近現代史や日中戦争を研究しており、防衛省防衛研究所や外務省で勤務経験があった。今回の訪中は、中国の政府系調査研究機関の招待だった。

 安倍首相は記者団に対し、「一日も早く家族のもとに帰れるよう強く(中国に)要請してきた。無事に帰国され、家族と再会できたことは本当によかった」と語った。首相は、今月4日の李克強リークォーチャン首相との会談や、10月の王岐山ワンチーシャン国家副主席との会談で、中国側に早期解放を求めていた。

 中国外務省の耿爽グォンシュアン副報道局長も今月15日の定例記者会見で、解放を認めた。「9月8日、宿泊するホテルで機密資料を所持しているのが当局に見つかった」と説明。岩谷氏が取り調べに対し「以前から大量の機密資料を収集、取得していた違法な状況を供述した」とし、「容疑を認め、後悔の念を示していることから釈放した」と語った。

無断転載・複製を禁じます
900868 0 政治 2019/11/15 20:59:00 2019/11/16 01:47:23 2019/11/16 01:47:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ