自民・大岡衆院議員、選挙区民に無料で飲食提供…公選法抵触の恐れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の大岡敏孝衆院議員(47)(滋賀1区)が、自身の後援会の開いた政治資金パーティーで、選挙区内の自治連合会長らに、無料で料理や酒を提供していたことがわかった。公職選挙法で禁じられた有権者への寄付行為に抵触する可能性がある。

 大岡氏によると、今月4日、大津市内のホテルで開催したパーティーの会費は1万円で、約500人が出席。知事や同市長のほか、選挙区となる同市内の自治連合会長計36人を無料招待し、約20人が参加した。

 大岡氏は取材に、「県選挙管理委員会に確認し、あいさつや意見交換を通じて、1人2000~3000円のパーティーの原価分の貢献があれば問題ないと判断しており、(今回も)意見交換などをした」と説明した。

 大岡氏は2012年に衆院議員に初当選し、3期目。財務政務官を務めた。

無断転載禁止
902434 0 政治 2019/11/16 21:10:00 2019/11/16 21:10:00 2019/11/16 21:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ