韓国、GSOMIA失効をギリギリで回避…輸出管理で対話再開へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 韓国政府は22日、破棄を決定していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について、23日午前0時の期限を目前に、失効を回避することを決めた。輸出管理を巡る日韓の政策対話の再開と引き換えに方針を転換した。日韓両政府の調整で、さらなる関係悪化はひとまず避けられた。

 【ソウル=建石剛】韓国大統領府は22日、文在寅ムンジェイン大統領も出席して国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、GSOMIA破棄決定を見直し、日本の対韓輸出管理厳格化の措置に関する日韓協議が行われている間という条件付きでGSOMIAを維持することを決めた。決定は、韓国政府から日本政府に伝達された。

 金有根キムユグン国家安保室第1次長は記者会見で、「韓国はいつでもGSOMIAを終了できるという前提で、(破棄決定の)効力を停止し、日本政府も理解を示した。輸出管理政策の対話が正常的に進行される間、日本を提訴した世界貿易機関(WTO)の手続きを停止する」と述べた。

    ◇

 安倍首相は、GSOMIAを当面継続させるという韓国政府の方針について、「北朝鮮への対応のために日韓、日米韓の連携・協力は極めて重要だ。韓国もそうした戦略的観点から判断したのだろう」と評価した。首相官邸で記者団に語った。

 日本政府は韓国側の発表に合わせ、日本による対韓輸出管理厳格化措置などを協議する日韓貿易当局の局長級の政策対話を行うことを発表した。

 韓国政府はこれまで、GSOMIA継続の条件として、日本が輸出管理厳格化の措置を撤回することを求めていた。日本政府はこれに対し、「輸出管理厳格化の撤回とGSOMIAは全く次元の異なる問題だ」(菅官房長官)として、受け入れない姿勢を示してきた。

 輸出管理に関する政策対話の実施は、韓国への輸出管理厳格化を堅持しつつ、対話には応じることで韓国の立場に配慮し、GSOMIA失効で日米韓の安全保障協力に支障が生じる事態を避ける狙いがあったとみられる。韓国側は要求していた厳格化措置の「撤回」ではないものの、輸出管理で日本から前向きな動きを引き出したとして、GSOMIA継続で妥協したとみられる。

 日韓のGSOMIAの有効期間は1年で、どちらかが破棄しない限り自動的に延長される。終了する場合、期限の90日前までに相手国に書面で意思を伝えることが必要で、韓国側が8月下旬に日本に通告していた。

日米同盟強化 より重要に

 日韓GSOMIAが条件付きながら維持されたことで、日韓関係の致命的な悪化は、ぎりぎりのところで回避された。米国が、東アジアの安全保障のためには日米韓3か国の協調体制が不可欠だと考え、韓国に働きかけた結果だとみられる。

 東アジア地域では中国が海洋進出を強め、北朝鮮は核開発を続けており、日本にとっての脅威は増している。自由と民主主義という価値観を共有する日米韓の結束が、力による現状変更を辞さない中国や北朝鮮、さらにはロシアへの抑止力として働いてきた。

 ただ、中長期的には、韓国の文在寅政権は朝鮮半島の南北統一という目標に向け、中露と北朝鮮の陣営と、日米の陣営の間で中立的な立場をとる志向を維持しているとみられる。こうした動きは東アジアの国際秩序を変容させることになり、日米同盟の強化がいっそう重要になっている。(国際部 栗林喜高)

無断転載禁止
913169 0 政治 2019/11/22 17:46:00 2019/11/23 08:53:40 2019/11/23 08:53:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ