日韓外相、12月首脳会談へ調整で一致…茂木氏、徴用工巡り韓国に是正要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

会談を前に、言葉を交わす茂木外相(右)と韓国の康京和外相(23日午後3時40分、名古屋市中区で)=代表撮影
会談を前に、言葉を交わす茂木外相(右)と韓国の康京和外相(23日午後3時40分、名古屋市中区で)=代表撮影

 茂木外相は23日、名古屋市内で韓国の康京和カンギョンファ外相と会談し、12月下旬に中国・成都で開かれる日中韓首脳会談に合わせた日韓首脳会談の開催に向け、調整を始めることで一致した。

 日韓首脳の正式な会談は昨年9月が最後で、韓国人元徴用工への賠償を日本企業に命じた昨年10月の韓国大法院(最高裁)判決以来、開かれていない。日本側は、韓国が22日に日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効回避を決めたことで、会談の調整を進める環境が整ったと判断した。

 外相会談では、茂木氏が徴用工問題について、「仮に(判決で差し押さえられた日本企業の資産の)現金化が行われれば、日韓関係はさらに深刻な状態になる」と述べ、韓国が日韓請求権・経済協力協定違反の状態を是正するよう改めて求めた。康氏は韓国側の従来の主張を繰り返したが、今後も外交当局間で意思疎通を図ることで一致した。

 GSOMIAについては、北朝鮮問題での日韓、日米韓連携の重要性に関連して茂木氏から触れたという。

 茂木氏は、日韓両政府が22日に再開で合意した日本の対韓輸出管理厳格化措置などを巡る政策対話について、「有意義な対話となることを期待する」と述べた。韓国外交省によると、康氏は「最終的に(輸出)規制措置の撤回に結びつかなければならない」と主張した。

 会談は15分の予定を超えて約35分間行われた。会談前、両氏は記者団の前で握手を交わし、康氏が笑顔を見せる場面もあった。

無断転載禁止
914187 0 政治 2019/11/23 15:57:00 2019/11/23 21:51:54 2019/11/23 21:51:54 会談を前に、握手し言葉を交わす茂木外相(右)と韓国の康京和外相=23日午後3時40分、名古屋市中区で(代表撮影) ※※ =名古屋市中区=23日午後3時40分、名古屋市中区 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191123-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ