徴用工「韓国の責任で早く是正を」…外相、「資産現金化」けん制

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インタビューに応じる茂木外相(外務省で)
インタビューに応じる茂木外相(外務省で)

 茂木外相は26日、読売新聞のインタビューに応じ、日韓関係悪化の原因となった韓国人元徴用工訴訟問題について、「韓国の責任で国際法違反の状態を一刻も早く是正するよう強く求める」と強調した。

 訴訟で差し押さえられた日本企業の資産は年末以降にも現金化される見通しで、「現金化が行われれば、日韓関係はさらに深刻になる」とけん制した。

 韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効回避を決めたことには「情報共有のシステムをしっかりとする前向きな議論が必要だ」と述べた。12月に中国で開かれる日中韓首脳会談に合わせた日韓首脳会談については、「日韓で議論すべき重要な課題がある。会談の調整は自然なことで、環境も整いつつある」との見方を示した。

 12月にロシアでラブロフ外相と会談するのを前に「(自身がまとめた)日米貿易交渉以上に難しいかもしれないが、時間をかけて議論したい」と述べ、日露平和条約交渉の進展に意欲を見せた。

無断転載禁止
919456 0 政治 2019/11/27 05:00:00 2019/11/27 08:54:58 2019/11/27 08:54:58 インタビューに応じる茂木外相(26日午後5時6分、東京都千代田区で)=西孝高撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191127-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ