「戦後史の転換点でかじ取り役」、首相が中曽根氏追悼の談話

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は29日、中曽根康弘元首相の死去を受け、「東西の軍事対立や日米貿易摩擦の高まりなど、我が国が厳しい内外情勢におかれた時期に重責を担われ、戦後史の大きな転換点に当たってかじ取り役を果たされた」とする追悼の談話を発表した。

 外交政策については「レーガン米大統領との強い信頼関係の下で強固な日米同盟を確立し、我が国の国際的地位を大きく向上させた」と指摘。内政では「行政改革の断行を最重要課題と位置付け、強いリーダーシップを発揮し、国鉄民営化をはじめ、大きな実績を上げた」とたたえた。

無断転載禁止
924931 0 政治 2019/11/29 18:19:00 2019/11/29 18:19:00 2019/11/29 18:19:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ