日印、初の共同戦闘機訓練など協力推進へ…外務・防衛閣僚会合

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

11月30日、ニューデリーで、外務・防衛閣僚会合の前に写真撮影に応じる(左から)河野防衛相、茂木外相、インドのジャイシャンカル外相、シン国防相(小峰翔撮影)
11月30日、ニューデリーで、外務・防衛閣僚会合の前に写真撮影に応じる(左から)河野防衛相、茂木外相、インドのジャイシャンカル外相、シン国防相(小峰翔撮影)

 【ニューデリー=森藤千恵、小峰翔】日印両政府は30日、外務・防衛閣僚会合(2プラス2)をニューデリーで初めて開き、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、防衛協力を推進していくことで一致した。初の共同戦闘機訓練の実施や物品役務相互提供協定(ACSA)の早期締結などを盛り込んだ共同声明も発表した。

 2プラス2の開催は、日本にとって7か国目で、インドにとっては米国に続き、2か国目となる。日本側は、茂木外相と河野防衛相、印側はジャイシャンカル外相とシン国防相が出席した。

 会合では、日印両国が「自由で開かれ、包摂的で、法の支配に基づいたインド太平洋」の構想を共有していることを確認し、2国間協力をさらに強化し、地域の平和と安全につなげていく方針で一致した。

 中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢について意見交換し、国際法の順守や航行の自由の重要性を確認。ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の情勢も議論し、国連決議を完全に履行していくことで一致した。

 共同声明には、共同戦闘機訓練の日本での実施に向けて調整していくことを明記した。自衛隊と印軍が燃料や食料などを提供し合うACSAの交渉の早期妥結への期待も盛り込んだ。安倍首相は12月15~17日に訪印する方向で調整を進めており、モディ首相との会談に合わせたACSAの実質合意を目指している。

 会合に先がけ、茂木、河野両氏はニューデリーの首相公邸でモディ氏と会談した。茂木氏は、インドが離脱の意向を表明した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)について「来年、インドとともに署名したい」と述べ、インドを含めた16か国での妥結を呼びかけた。モディ氏は「インドが求める条件が満たされなければ離脱する」と改めて慎重な姿勢を示した。

無断転載・複製を禁じます
926898 0 政治 2019/11/30 22:45:00 2019/11/30 23:57:15 2019/11/30 23:57:15 11月30日、ニューデリーで、外務・防衛閣僚会合の前に写真撮影に応じる(左から)河野防衛相、茂木外相、インドのジャイシャンカル外相、シン国防相(小峰翔撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191130-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ