日印初の共同戦闘機訓練は来年実施…河野防衛相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューデリー=森藤千恵】河野防衛相は11月30日に初開催した日本とインド両政府の外務・防衛閣僚会合(2プラス2)の後、初の共同戦闘機訓練を来年、日本で実施することを記者団に明らかにした。印軍は主力戦闘機「スホイ30MKI」が参加する。自衛隊が共同で戦闘機訓練を行うのは4か国目となる。

 河野氏は30日夜(日本時間1日未明)、茂木外相とともに記者団の取材に応じた。河野氏は、自衛隊と印軍が燃料や食料などを提供し合う物品役務相互提供協定(ACSA)交渉について、「大きく前進している」と述べ、早期妥結に期待感を示した。

 茂木氏は「引き続き、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、地域における協力関係を強化していきたい」と意欲を語った。

 会合はニューデリーで夕食も交えて約2時間40分行われ、インド太平洋構想を進めることを柱とする共同声明を発表した。

無断転載禁止
928020 0 政治 2019/12/01 23:22:00 2019/12/01 23:22:00 2019/12/01 23:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ