訪日富裕層向けホテル「50か所」、政府が建設支援へ…菅長官

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は7日、訪日外国人旅行者の受け入れ拡大を目指し、外国人富裕層向けの高級ホテルの建設を支援する方針を明らかにした。視察先の熊本県益城町で、記者団に「各地に世界レベルのホテルを50か所程度新設する」と述べた。

 具体的には、5日に決定した新たな経済対策に盛り込んだ財政投融資を活用し、今後数年かけて建設を後押しする。

 政府は「観光立国」を成長戦略の柱とし、訪日外国人旅行者数を2020年に4000万人、30年に6000万人とする目標を掲げている。

無断転載・複製を禁じます
938506 0 政治 2019/12/07 23:49:00 2019/12/07 23:49:00 2019/12/07 23:49:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ