国家公務員の冬ボーナス、平均68万7700円…3・1%減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職(平均年齢35・0歳)の平均支給額は約68万7700円で、前年同期比で約2万2300円(約3・1%)減った。

 人事院勧告に沿い、国家公務員の給与を引き上げる改正給与法が11月に成立し、支給月数は0・05か月分増加したものの、支給対象者の平均年齢が0・5歳低下したことなどが減少の要因となった。

 特別職の支給額は、首相が約586万円、衆参両院議長約543万円、閣僚約427万円、国会議員約324万円など。首相と閣僚は行財政改革推進のため、一部を自主返納する。

無断転載・複製を禁じます
942425 0 政治 2019/12/10 11:59:00 2019/12/10 11:59:00 2019/12/10 11:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ