ラブロフ外相、茂木氏に「あなたとは相性が合う」…露側やっと土俵に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茂木外相は21日、初のロシア訪問を終え、帰国した。17日からの滞在中、ラブロフ外相との個人的関係を構築し、得意の経済外交も展開した。今後、北方領土問題を含む平和条約交渉の進展につなげられるか問われることになる。

 「あなたとは相性が合う」

 一連の会談の中で、ラブロフ氏は茂木氏にこう語りかけ、相好を崩したという。

 茂木氏は昼食会などを含めると計8時間にわたってラブロフ氏と膝をつき合わせた。同氏の好きなウォッカも傾け、突っ込んだ意見交換を行った。外相会談では、条約交渉を継続し、来年2月の国際会議に合わせて、次回の外相会談を調整することで一致した。このほか、1月に外務次官級協議や北方領土での共同経済活動を本格実施するための包括的局長級作業部会を開催することも決めた。

 外務省幹部によると、前任の河野防衛相はラブロフ氏と関係を深めるまでには至らなかったといい、今回の茂木氏の訪露については「議論がかみ合い、ようやくロシア側が土俵に乗ってきた」と評価する。茂木氏は一連の会談を終えた19日夕、記者団に対し「立場の違いを埋める方策について互いに知恵を出し合い、協議を続けることにした。良い会談ができた」と手応えを語った。

 ラブロフ氏との会談に先立って、18日にはプーチン大統領と近いオレシキン経済発展相との会合も開いた。経済閣僚を歴任した自らの持ち味を生かし、ロシア極東と日本の日本海側を一つの経済圏として開発する構想を提案した。

 信頼醸成に無事踏み出した茂木氏だが、日露間には個人的関係だけでは解決できない問題が横たわる。プーチン氏は19日、改めて北方領土が返還された場合の米軍展開の可能性に懸念を示した。北方領土はロシアから見れば、オホーツク海から太平洋に抜ける要衝に位置しており、米軍の配備は脅威になる。ロシアとの経済協力も、領土交渉の進展とバランスを欠けば、日本が一方的に協力し続ける形となるリスクを伴う。日露双方が受け入れ可能な解決策を見いだすのは容易ではない。

無断転載・複製を禁じます
965175 0 政治 2019/12/22 05:00:00 2019/12/22 05:00:00 2019/12/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ