首相「外交努力を重ねたい」…海自中東派遣、菅氏「方針変更ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中東情勢についての記者の質問に答える安倍首相(8日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
中東情勢についての記者の質問に答える安倍首相(8日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 日本政府は、イランが在イラク米軍基地を攻撃したことを受け、米国、イランを含めた関係国への外交努力を継続し、緊張緩和を働きかけていく方針だ。海上自衛隊部隊の中東派遣については、「現時点で方針に変更はない」(菅官房長官)としている。

 安倍首相は8日夕、首相官邸で記者団に対し、「更なる事態の悪化を避けるためにあらゆる外交努力を重ねたい」と語った。

 政府は8日、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を開いて中東情勢への対応を協議した。首相は、関係国と連携して外交努力を尽くすことや、不測の事態に備えて万全の態勢を取ることなどを指示した。

 首相は、11~15日の日程で、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの歴訪を予定している。安全の確保への懸念から、政府内では8日午前、歴訪の延期や訪問日程の短縮が検討された。

 ただ、トランプ米大統領が米側の犠牲者は確認されていないとの認識を示したこともあり、首相は周囲からの延期の打診に対し、予定通りの訪問実現を模索するよう指示したという。政府は、米国の対応など現地情勢を見極めたうえで最終判断する。

 海自部隊の中東派遣について、菅官房長官は8日の記者会見で、「日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集体制を強化することは必要だ」と述べ、派遣の方針に変わりはないとの認識を示した。11日に出国するP3C哨戒機は予定通り、今月下旬に情報収集活動を開始し、護衛艦も2月上旬に派遣する方針だ。

無断転載・複製を禁じます
990849 0 政治 2020/01/08 20:56:00 2020/01/08 22:24:30 2020/01/08 22:24:30 イランがイラク駐留の米軍基地にミサイルを発射したことについて記者団に語る安倍晋三首相(8日午後6時28分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200108-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ