首相「日本ならではの平和外交展開」…中東3か国歴訪へ出発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中東に向けて出発する安倍首相と昭恵夫人(右)(11日午前、羽田空港で)=大原一郎撮影
中東に向けて出発する安倍首相と昭恵夫人(右)(11日午前、羽田空港で)=大原一郎撮影

 安倍首相は11日午前、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3か国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。

 中東情勢は米国とイランの対立で緊張が続いている。首相は出発に先立ち、同空港で記者団に、「(訪問先は)いずれも地域に対して大きな影響力を持つ国々だ。話し合いによる対話、自制的な対応を促し、日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく」と意欲を語った。

 海上自衛隊部隊の中東派遣については、「日本はエネルギー資源の多くをこの地域に依存している。日本関係船舶の航行の安全を確保することは極めて重要だ。情報収集能力を強化する必要がある」と意義を強調した。各国に派遣の狙いを説明し、理解を得たい考えだ。

 首相は、12日にサウジでサルマン国王、ムハンマド皇太子、13日にUAEでアブダビ首長国のムハンマド皇太子、14日にオマーンでアスアド副首相兼国王特別代理と会談し、15日に帰国する予定だ。

無断転載禁止
995651 0 政治 2020/01/11 11:17:00 2020/01/11 11:55:04 2020/01/11 11:55:04 中東に向け出発する安倍首相と昭恵夫人(右)(11日午前9時37分、羽田空港で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200111-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ