首相、海自派遣の目的説明…サウジ皇太子「支持する」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ウラー(サウジアラビア北西部)=重松浩一郎】安倍首相は12日夜(日本時間13日未明)、サウジアラビアの実質的な国家指導者であるムハンマド皇太子とウラー郊外で約1時間会談した。首相は海上自衛隊部隊の中東派遣の目的を説明し、皇太子は支持する考えを示した。両氏は、中東地域の緊張緩和と安定に向け、関係国と協力していくことで一致した。

 首相は自衛隊派遣について、「日本関係船舶の安全航行の確保を目的とした情報収集を行う」と説明し、皇太子は「日本の取り組みを完全に支持する」と応じた。両氏は、中東海域での航行の安全確保に向け、両国で引き続き連携することでも一致した。

 中東情勢に関し、首相は「イランを含む中東地域での軍事衝突は世界の平和と安定に大きな影響を及ぼす。事態のさらなるエスカレーションは何としても避ける必要がある」と述べ、イランと敵対関係にあるサウジに抑制的な対応を求めた。皇太子は「完全に同意する。当事国間の対話が必要不可欠だ」と述べた。

 両氏は、2国間関係を強化していくことを確認し、サウジが今年、議長国を務める主要20か国・地域(G20)首脳会議の成功に向け、緊密に連携していくことで合意した。皇太子は今後も石油を日本に安定的に供給していくことを約束した。

 首相は13日午後(同13日夜)にアラブ首長国連邦(UAE)に移動し、アブダビ首長国のムハンマド皇太子と会談した。

無断転載・複製を禁じます
997681 0 政治 2020/01/13 02:51:00 2020/02/11 03:00:02 2020/02/11 03:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ