小泉環境相「私をきっかけに臆することなく育休を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小泉環境相は15日、月内に予定されている第1子誕生後に育児休暇を取得する意向を表明した。具体的には、短時間勤務やテレワークなどを組み合わせて誕生後3か月間で合計2週間程度確保するとしている。

 環境省の業務見直しや働き方改革について検討する「『選択と集中』実行本部」の初会合が15日午前に開かれ、この場で明らかにした。小泉氏は「国会や閣議など重要な公務を除いた時間の中で業務に支障のないように育休を取得したい」と述べた。「私をきっかけに環境省の中で皆が臆することなく育休を取得しやすい働き方が進むことを期待する」とも語った。

 小泉氏は昨年8月、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚し、育休取得について「率直に考えている」と語っていた。しかし、昨年9月の環境相就任後は、「自分のことだけ考えてはダメだ。環境省の(職員の)働き方について改善しなければならないところがある」とも述べており、慎重に検討を続けていた。

無断転載禁止
1001295 0 政治 2020/01/15 12:43:00 2020/01/15 13:51:04 2020/01/15 13:51:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ