枝野氏、合流協議継続を拒否…「これ以上動かす余地ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党の枝野代表は18日、宮崎市内で記者会見し、国民民主党との合流協議について「立民としてできることは全部やった。これ以上は動かす余地がないので協議のしようがない」と述べ、国民の玉木代表が主張している協議継続を拒否した。立民が提示した合流条件を国民が受け入れない限り、白紙に戻す考えを改めて示したものだ。

無断転載禁止
1006685 0 政治 2020/01/18 17:20:00 2020/01/18 17:20:00 2020/01/18 17:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ