共産、22年までに野党連合政権を実現…党大会で方針採択

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

共産党大会の閉会のあいさつを行う志位委員長(静岡県熱海市で)=深澤亮爾撮影
共産党大会の閉会のあいさつを行う志位委員長(静岡県熱海市で)=深澤亮爾撮影

 第28回共産党大会は18日に閉幕し、党創立100周年にあたる2022年までに野党連合政権の実現を目指す方針を掲げた決議を全会一致で採択した。他の野党内には野党連合政権への否定的な意見が根強く、実現するかどうかは不透明だ。

 党大会は、静岡県熱海市の党施設で14日から開かれていた。

 決議では、野党共闘について、「最大の課題は政権問題での前向きな合意をつくることだ」として、野党による政権構想の必要性を訴えた。志位委員長(65)は大会後の記者会見で「政権を共にする意思確認が必要だ」と述べ、野党各党への働きかけに意欲を示した。

 党大会では、党綱領を16年ぶりに改定し、中国に関する従来の表現を改め、「いくつかの大国で強まる大国主義・覇権主義は世界の平和と進歩への逆流」と記述して批判色を強めた。また、歴史的に対立関係にある連合に初めて対話を呼びかけ、志位氏が記者会見で「胸襟を開いて連合指導部と話し合いたい」と語った。

 立憲民主党や国民民主党が野党連合政権に消極的なことを踏まえ、現実路線を打ち出すことで各党の「共産アレルギー」の払拭ふっしょくを狙ったものだ。

 ただ、日米安全保障条約破棄などの基本政策は変わっていないほか、連合との対話も見通しは立っていないのが現状だ。国民幹部は「中途半端な歩み寄りでは、とても政権を共にはできない」と冷ややかに語った。

 一方、党大会では志位氏や小池書記局長(59)の留任を柱とする幹部人事も決定した。新たな政策委員長には、田村智子参院議員(54)が女性として初めて就任した。不破哲三前議長(89)は常任幹部会委員に再任された。

無断転載・複製を禁じます
1006948 0 政治 2020/01/18 21:08:00 2020/01/18 21:08:00 2020/01/18 21:08:00 新たな中央委員を選出し、閉会のあいさつを行う志位委員長(午後3時12分、静岡県熱海市で)=深澤亮爾撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200118-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ