日米安保条約の改定から60年、安倍首相「不滅・不動の柱」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日米安全保障条約は19日、改定から60年を迎えた。安倍首相は都内で開かれた記念式典であいさつし、「日米安保条約はいつの時代にも増して不滅の柱。アジアとインド太平洋、世界の平和を守り、繁栄を保障する不動の柱だ」と強調した。

 首相はこの直前、60年前の調印式で、当時のアイゼンハワー大統領が首相の祖父・岸信介首相に「この条約は不滅である」と述べたエピソードを紹介した。

 トランプ米大統領も米東部時間18日に声明を出し、安保環境が厳しさを増す中、「同盟をさらに強化し、深化させることが不可欠だ」との認識を示した。

無断転載禁止
1008225 0 政治 2020/01/19 22:19:00 2020/01/19 22:19:00 2020/01/19 22:19:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ