菅原前経産相、公選法違反疑惑を謝罪…辞職・離党「考えてない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公選法違反疑惑について頭を下げ、記者の質問に答える菅原一秀・前経産相(20日午前、国会で)=竹田津敦史撮影
公選法違反疑惑について頭を下げ、記者の質問に答える菅原一秀・前経産相(20日午前、国会で)=竹田津敦史撮影

 自民党の菅原一秀・前経済産業相は20日午前、「政治とカネ」を巡る問題で昨年10月に経産相を辞任後、初めて記者団の取材に応じ、「当局から要請があれば誠意をもって協力する。適切な時期にしっかりと全容の説明をしたい」と述べた。現段階での詳細な説明を避けた。

 菅原氏は経産相就任直後の昨年10月、公設秘書が選挙区内での支援者の通夜で2万円入りの香典袋を受付に手渡したことなどが週刊文春で報じられ、公職選挙法違反の疑いが指摘されている。

 菅原氏は、国会内で改めて陳謝したうえで、議員辞職や離党について問われると、「考えていない。残された任期、職責を全うしたい」と否定した。

 経産相辞任後、菅原氏が公の場に姿を見せるのは初めて。国会を休んでいた理由については「睡眠障害の診断を受け、年末年始にようやく体調が回復してきた」と釈明した。

 一方、自民党衆院議員の河井克行・前法相、妻で同党の案里参院議員も20日午前、案里氏の陣営が昨夏の参院選で車上運動員らに違法な報酬を支払ったとされる事件の発覚後初めて、国会に登院し、議員辞職や離党を改めて否定した。

 案里氏は記者団に、「捜査に一区切りが付いたところで説明したい」と述べるにとどめた。前法相は「捜査に全面的に協力をする上で国会議員としての仕事をしたい」と語った。

無断転載禁止
1009049 0 政治 2020/01/20 11:41:00 2020/01/20 13:13:28 2020/01/20 13:13:28 国会内で頭を下げる菅原一秀・前経産相(20日午前11時、国会で)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200120-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ