新型コロナ「指定感染症」に、強制入院・就業制限も…武漢の邦人帰国へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は27日の衆院予算委員会で、中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法上の「指定感染症」とする方針を明らかにした。武漢市などに在留する日本人の帰国に向けた民間チャーター機は28日に運航させる。中国本土の死者数は27日午前の時点で80人、感染者数は2744人に膨らんでいる。

 首相は指定感染症の指定について、「感染者に対する入院措置や公費による適切な医療を可能とするため指定する」と述べた。28日の閣議で決定する。

 日本政府は、世界保健機関(WHO)が23日、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」の宣言を行わなかったため、指定感染症と位置付けるのを見送った。

 しかし、感染が世界的な拡大を見せており、中国当局も感染力が強まっているとの見解を示していることから方針を転換した。指定感染症になると、患者に対する強制的な入院措置や就業制限などが可能となる。

上海から羽田空港に到着したマスク姿の人たち。中国では27日から海外への団体旅行が禁止されたが、個人で訪れる旅行者の姿が多く見られた(27日午前6時21分)=杉本昌大撮影
上海から羽田空港に到着したマスク姿の人たち。中国では27日から海外への団体旅行が禁止されたが、個人で訪れる旅行者の姿が多く見られた(27日午前6時21分)=杉本昌大撮影

 また、検疫法上の「検疫感染症」にも28日に指定する方針だ。指定されると、空港や港で入国者に感染が疑われる症状がある場合、検査や診察を受けるよう指示することができる。一定期間、検疫所に健康状態を報告するよう求めることもでき、これらの指示に従わなければ罰則の対象となる。

武漢の邦人 あす帰国便

 一方、首相は現地在留の日本人について「希望者全員を速やかに帰国させる」と強調した。中国政府は武漢市の空港を封鎖しているが、民間チャーター機を受け入れる見通し。日本政府は、全日空のチャーター機を28日に成田空港―武漢市間で運航させる予定だ。

 茂木外相は衆院予算委で、湖北省全体で滞在が確認できた日本人は約560人に上ることを明らかにした。政府高官によると、その大半が帰国を希望している。

 外務省はホームページを通じ、チャーター機利用を希望する邦人に対し、空港への移動手段に関して調査を行った。自身で車を手配できない場合、武漢市内の駅やホテルなど約30か所のどこで乗車を希望するかについて回答を求めた。

MERSなど過去に4例

◆指定感染症

 感染症法に基づき、国民の生命や健康に重大な影響を与える可能性がある感染症を国が政令で指定する。過去の指定は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)、14年の中東呼吸器症候群(MERS)など4例。

残り:66文字/全文:1009文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1021216 0 政治 2020/01/27 15:00:00 2020/03/10 16:09:40 2020/03/10 16:09:40 マスク姿で羽田空港に到着した上海からの乗客ら(27日午前6時21分、東京都大田区で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200127-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ