枝野氏の「ポチなのか」発言、棚橋予算委員長が不快感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は29日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、衆院予算委員会の棚橋泰文委員長(自民党)の委員会進行が政府寄りだとして、改善させるよう求めた。

 野党側は、安倍首相に答弁を求めた質問で他の閣僚に答弁させたことなどを挙げ、「棚橋氏は公正さに欠ける」と反発している。

 安住氏は会談後、記者団に「こんなことを続けていたら予算委に限らず、憲法審査会も何もかも動かなくなる」とけん制した。森山氏は「予算委の審議をスムーズに進めることは大事なので、与党としても努力したい」と述べた。

 一方、棚橋氏は29日、国会内で記者団に対し、立民の枝野代表から「(安倍首相に)尻尾を振っているポチなのか」と批判されたことについて、「人を人として扱わない発言に大変強い憤りを覚えている」と不快感を示した。

無断転載・複製を禁じます
1026300 0 政治 2020/01/29 18:44:00 2020/01/29 18:44:00 2020/01/29 18:44:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ