チャーター機搭乗費8万円、「政府が負担すべき」…公明・山口代表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公明党の山口代表は30日の党中央幹事会で、中国・武漢市からチャーター機で帰国した邦人に政府が民間機と同等の搭乗費8万円の負担を求めていることについて、「政府が負担すべきだ」と述べ、異論を呈した。

 これに対し、菅官房長官は30日の記者会見で「従来、内戦など本人の意思にかかわらず退避をお願いせざるを得ない場合を除き、負担をお願いしている」と述べ、公平性の観点から負担要請は妥当との認識を示した。機体のチャーターに関する経費や、帰国者が滞在している千葉県のホテルの宿泊費は国で負担している。

 一方、国民民主党の玉木代表は30日、国会内で菅氏と面会し、今回の肺炎を感染症法の「指定感染症」に指定する政令の施行日を現在の2月7日から前倒しするよう申し入れた。〈1〉政府支援の帰国者は事前に帰国後の検査同意を得る〈2〉全国の空港・港湾などの検疫態勢の強化――などの要望も伝えた。

残り:34文字/全文:423文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1028214 0 政治 2020/01/30 18:02:00 2020/03/10 12:07:31 2020/03/10 12:07:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ