首相「簡易検査キットの開発に着手」…衆院予算委

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

衆院予算委員会で答弁する安倍首相(3日午前、国会で)=源幸正倫撮影
衆院予算委員会で答弁する安倍首相(3日午前、国会で)=源幸正倫撮影

 衆院予算委員会は3日午前、安倍首相らが出席して2020年度予算案に関する基本的質疑を行い、実質審議に入った。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止策について、首相は「簡易検査キットの開発に着手した」と明らかにした。自民党の岸田政調会長の質問に答えた。

 ウイルスの検査は、国立感染症研究所(感染研)や全国の地方衛生研究所で行われている。首相は「民間の検査機関でも出来る態勢の構築に向けて取り組む。やるべき対策を躊躇ちゅうちょなく実行する」と語った。

 感染症対策では、内閣官房の「新型インフルエンザ等対策室」と「国際感染症対策調整室」が省庁間の連絡調整を担っている。岸田氏は2部署を統合した新組織を設け、体制を強化するよう求めた。首相は「危機管理体制の不断の見直しを進め、対応力を一層高めていきたい」と応じた。

残り:34文字/全文:540文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1033993 0 政治 2020/02/03 11:12:00 2020/03/09 14:30:30 2020/03/09 14:30:30 衆院予算委員会で答弁する安倍首相(3日午前9時55分、国会で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200203-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ