東京圏の転入超過、首相「逆転は難しい」…衆院予算委

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は4日の衆院予算委員会で、政府が「2020年に東京圏と地方の転出入を均衡させる」との目標を断念したことに関し、「(東京圏への転入超過を)逆転させるのは難しい。達成できていないことは深刻に受け止める」と語った。野党共同会派の前原誠司・元外相(国民民主党)の質問に答えた。

 東京圏で転入者が転出者を上回る「転入超過」が続いている理由について、首相は「景気が良くなる局面では、東京圏への人口の流入が進む」と釈明。前原氏は「言い訳だ。東京に集中するのを是正するのがあなたの仕事ではないか」と詰め寄った。

 地方の活性化に向け、前原氏は「地方自治体が努力して税収が増えたら、地方交付税が減る。努力できない仕組みだ」として、地方交付税の算定方法を見直すよう提案した。首相は「いかに地方の努力を生かしていくかは常に考えなければいけない」と述べるにとどめた。

 政府が将来の「主力電源」と位置づける再生可能エネルギーについても、論戦が交わされた。野党共同会派の田嶋要氏(無所属)は、30年度までに全発電量の22~24%を賄うとした政府目標の引き上げを求めた。

 首相は、再エネで発電した電力を国が決めた価格で大手電力が買い取る「固定価格買い取り制度」に触れ、「(同制度の下で)国民に年間2兆円を超える負担をお願いしている。国民負担を度外視した目標を設定すべきではない」と否定的な考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1036871 0 政治 2020/02/04 21:13:00 2020/02/04 21:13:00 2020/02/04 21:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ