日中外相、感染拡大防止へ協力を確認…習氏の国賓来日も議論

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ミュンヘン(ドイツ南部)=梁田真樹子】茂木外相は15日夕(日本時間16日未明)、ミュンヘンで中国の王毅ワンイー国務委員兼外相と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた協力を確認した。4月に予定される中国の習近平シージンピン国家主席の国賓来日についても議論した。

 会談は、現地で行われているミュンヘン安全保障会議に合わせたもので、感染拡大が深刻化して以降、日中の閣僚による直接会談は初めて。茂木氏は会談の冒頭、「中国政府の(感染拡大防止の)取り組みに全力で協力していきたい」と述べた。

 会談では、在留邦人らを帰国させるためのチャーター機を中国が受け入れたことに謝意を示した模様だ。感染拡大の影響で習氏の来日を危ぶむ声が出ており、今後の見通しなども意見交換したとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1055451 0 政治 2020/02/16 01:01:00 2020/03/09 10:57:39 2020/03/09 10:57:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ