クルーズ船対応、「非常に後手」「最善は入港拒否」…野党の批判相次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 与野党の政策責任者は23日のNHK番組で、感染が拡大する新型コロナウイルスを巡って議論した。野党からは集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への政府対応を批判する声が相次いだ。

 立憲民主党の逢坂政調会長は、クルーズ船への対応が「非常に後手に回っている印象を受ける」と指摘した上で、政府がまとめた総額153億円の緊急対応策第1弾についても「非常に小ぶりだ」と苦言を呈した。国民民主党の泉政調会長は「(水際対策は)成功とは言えない」と述べ、日本維新の会の浅田政調会長は「最善は(クルーズ船の)入港拒否だった」との認識を示した。共産党の田村政策委員長は「資金繰りが苦しい業界につなぎ融資を行うよう求めたい」と述べた。

 自民党の岸田政調会長は「しっかり検証し、今後につなげていかなければいけない部分はあった」と述べた。公明党の石田政調会長は、「先の話だが、米国の疾病対策センター(CDC)にならった組織が(日本にも)必要だ」と提案した。

無断転載・複製を禁じます
1068637 0 政治 2020/02/24 05:00:00 2020/03/10 12:44:05 2020/03/10 12:44:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ