習氏来日「早くても秋頃に」…週内にも延期決定、新型コロナで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日中両政府は、両国で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、4月上旬に予定していた中国の習近平シージンピン国家主席の国賓来日を延期する方針を固めた。週内にも正式決定する。東京五輪・パラリンピック後の秋頃の来日で再調整する方向だ。

 日本政府高官によると、安倍首相や茂木外相らが2月28日に来日した中国共産党の楊潔(ヤンジエ)チー(よう・けつち)政治局員と会談した際、両国とも新型コロナウイルスへの対応に追われていることから、習氏来日は現状では困難との見通しで一致した。

 習氏来日は4月6~10日を軸に検討されていた。日本政府は習氏の国賓来日を日中関係改善の「集大成」(外務省幹部)と位置づけており、日程を再調整して実現を目指す意向だ。中国は米国との対立局面が続く中、日本との関係安定化を図っており、前向きに応じるとみられる。

 ただ、新型コロナウイルスへの対処のため、日程の再調整には一定の時間がかかる見通しだ。日本政府高官は「習氏来日は早くても秋頃になる」との見方を示した。

残り:34文字/全文:483文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1081350 0 政治 2020/03/02 05:00:00 2020/03/09 15:37:27 2020/03/09 15:37:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ