「休校で有給」賃金助成、非正規も対象…日額上限8330円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は2日、新型コロナウイルス感染拡大防止策として臨時の一斉休校が始まったことを受け、子供の世話をするために保護者が休暇を取る場合、1人当たり日額8330円を上限に休暇中の賃金全額を企業に支給する新たな助成金制度を創設すると発表した。正規雇用だけでなく、非正規雇用の従業員も対象とする。

 厚生労働省によると、北海道の小中学校で臨時休校が始まった2月27日に遡って適用し、3月末までの間に取得した休暇が対象になる。企業が、賃金を全額支給する有給休暇を年次有給休暇とは別に保護者に取得させた場合、原則として休暇中に支払った賃金全額を支給する。

 臨時休校した小学校や特別支援学校(高校まで)、幼稚園、保育所、認定こども園などに通う子供を世話する場合に加え、子供が新型コロナウイルスに感染した恐れがある場合も対象とする。

 加藤厚労相は2日の参院予算委員会で、「基本的に事業主が払った賃金の10割を助成する。週の労働時間が20時間未満の非正規で働いている方もカバーする形で制度を作っている」と述べた。

 【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1082712 0 政治 2020/03/02 20:11:00 2020/03/07 16:06:35 2020/03/07 16:06:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ