感染調べるPCR検査、1日7000件になる見通し…厚労相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 加藤厚生労働相は8日、NHKの番組などで、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査について、国内での検査能力が今月末に1日あたり最大約7000件になるとの見通しを明らかにした。

 加藤氏は、現時点で各地の地方衛生研究所や民間検査機関を合わせて、1日で最大約6200件の検査ができると説明した。5日時点では最大約4200件だったという。6日から検査の医療保険適用が始まったことで民間の参入が期待できるとし、「しっかりサポートしていきたい」と語った。

 2月下旬から政府が行っている大規模イベントなどの自粛要請については、「続けていくのか、少し変形した形にするのか、一定の指針を出していくのも大事だ」と述べ、専門家会議の意見を踏まえて15日頃に判断する考えを示した。

残り:44文字/全文:381文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1094776 0 政治 2020/03/08 18:44:00 2020/03/08 19:08:20 2020/03/08 19:08:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ