首相、新型コロナ「歴史的緊急事態」…議事録作成など義務づけへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は9日午前の参院予算委員会の集中審議で、新型コロナウイルス感染症への政府対応について、行政文書の管理指針に基づく「歴史的緊急事態」とする方針を表明した。10日に新型インフルエンザ対策特別措置法改正案を国会に提出するのに合わせて指定する。

 指定されれば、政府の関連会議で議事録などの作成が義務づけられる。首相は「政府として今般の事態を歴史的緊急事態としたい。担当省庁で適切に検証可能なように文書を作成・保存していると認識しているが、今後さらなる徹底を指示したい」と語った。

 首相と関係閣僚らが学校の一斉休校の要請を事実上決めるなどした「連絡会議」の会議録については、「記録を整理し、作成するため、今少し時間的猶予をもらいたい」と述べた。

 一方、改正案に規定されている「緊急事態宣言」を出すかどうかは慎重に判断する考えを示した。首相は「国民の私権を制約する可能性もある。どのような影響を及ぼすかを十分に考慮しながら判断していきたい」と述べた。自民党の武見敬三氏と立憲民主党の蓮舫氏の質問に答えた。

無断転載禁止
1096872 0 政治 2020/03/09 14:23:00 2020/03/09 14:37:23 2020/03/09 14:37:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ