日本のODA世界4位…米・独・英に次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は10日、政府開発援助(ODA)に関する2019年版「開発協力白書」を発表した。18年のODA実績は約141億6352万ドル(約1兆5642億円)で、米国、ドイツ、英国に次いで世界4位だった。

 ODA実績は初めて「贈与相当額計上方式(GE方式)」で算出された。円借款などの有償資金協力について、供与条件が緩やかであるほど金額が大きくなる計算方法で、白書では「ドナー(援助国)の努力がより正確に反映される」としている。

 白書では、昨年亡くなった元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんと、アフガニスタンで人道支援に尽力した民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲さんを追悼するコラムを掲載した。

無断転載・複製を禁じます
1100881 0 政治 2020/03/11 05:00:00 2020/03/11 07:46:51 2020/03/11 07:46:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ